男性

お店を変えるならまずはメニューブックから改革しよう

すぐにチェンジできる

インク

マグネットシートは磁石がついていて、磁石がつくところならどこでもくっつけることのできるものです。よく使用されているところが、車のボンネットやドア部分です。自由に貼りつけることができるので、貼る場所を移動するのも簡単です。マグネットシートのメリットはたくさんあり、予算が少なくても低コストで作成できることが魅力の1つです。大量に製作できるので販促物として最適で、貼りつけるための接着剤が必要なく、その分のコストも抑えられます。ポスターを貼るときは接着剤が必要になり、剥がした後が残ったり壁紙を傷めたりする可能性があります。マグネットシートならそういった心配もないので安心です。自由に貼り替えられる利点を活かして、キャンペーンごとに内容を変えたり、車に貼りつけてPRしたり気軽に利用できます。
マグネットシートの製作を依頼する場合、使われるインクの種類や印刷方法を把握しておく必要があります。印刷方法の特性を知ることで、利用目的に合ったマグネットシートを作ることができるでしょう。
シルクスクリーンはTシャツや布の印刷に使用される方法で、大量に同じデザインのマグネットシートを作るときには安価ででき最適な方法です。さらにコストを抑えるならば、単色のデザインや線のみで構成されたデザインで作るようにするとよいでしょう。シルクスクリーンは色がハッキリしているので鮮やかなデザインに向いている方法ですが、繊細なグラデーションや写真は上手く印刷されずイメージと異なる仕上がりになる可能性があります。